市立ギャラリーいけだ
市立ギャラリーのスケジュール
ご利用について

ギャルリVEGA
ギャルリVEGAのスケジュール
ご利用について

イベント情報はこちらから

市立ギャラリーいけだ スケジュール
市立ギャラリーいけだ 2020年6月のスケジュール

------------------------------------------
緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ個人の利用者が来場を呼び掛けるには勇気が必要なご時世です。6月もコロナ感染禍の流れの中でキャンセルされる方が多く、一ヶ月を通して利用者がない状況です。こんな時だからこそと、感染防止対策を講じながら、じっくり作品を鑑賞頂ける機会を確保させて頂こうと、いけだ市民文化振興財団で所蔵作品や個人蔵のコレクション品で展示会を開催いたします。コロナ禍によって新しい生活習慣も叫ばれています。或る意味では原点回帰から生活を作り直す機会かと思います。今一度、池田の良い所を探すことから、生活を立て直してゆけたらと願っています。展示会は、2週間会期で、休館期間にサテライト展示した作品を基に、新たに作品を付加してお届けする予定です。                            
開催
期間
6/3〜6/15(6/9は休廊)
名称 『槌音が響いたあの時代』
内容 戦後から高度成長時代、そしてジャパン・アズ・ナンバーワンと謳われたあの頃、復興に向かう力強さが作品には表れています。
コロナ禍から早く立ち上がりたい今、当時の作品を振り返ってみたいと考えています。
(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
6/17〜6/29(6/23は休廊)
名称 『復興に向けて』
内容 長い歴史と文化に培われ、世界中から羨望されたそんなヨーロッパの都市を描いた池田の二人。
黒田保画伯(故人)と伊藤岳画伯(故人)の作品を紹介し、復興への槌音にしたいと思います。
(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
6/17〜6/22
名称 近代日本美術協会 大阪支部
佐藤村夫・湊さち子二人展

中止となりました。
内容 佐藤は、自身の眼のフィルターを透して見えた物に感動の息吹を吹き込んだ。
湊は、日常の何気ない生活の中にモチーフを見つけ作品に感動を投影した。
(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 

市立ギャラリーいけだ 2020年7月のスケジュール
開催
期間
7/8〜7/13
名称 杉林正一  クレヨン画展
内容 古い街並みの間から突然現れる大きな教会の屋根、寒い日に食べて身体が温まったたいやき、凛とした強さや存在感を感じさせる白いぼたんの花…日々の生活での感動を身近な画材のクレヨンで描きました。
(開館10:00−19:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/29〜8/3
名称 絹絵の世界展  久保義裕
内容 長い巣籠もりに心も萎えそうになりましたが、そこは画家としての意地が一線を保ってくれました。
この時期なら、少しずつ緩やかに活動を再開できるかと思い、用心しながら展示会を開くことにしました。
(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 

ギャルリVEGA スケジュール
ギャルリVEGA 2020年6月のスケジュール
開催
期間
6/3〜6/8
名称 手作りアート・マルシェ“夏”【後期】
6/10〜6/15へ延期となりました
内容 ギャルリVEGAでは、春・夏・秋・クリスマスの年4回、“手作りアート・マルシェ”を開催しております。
爽やかな夏の風を感じながら、お気に入りの作品をお探し下さい!!
(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
6/17〜6/22
名称 第44回 近代日本美術協会
大阪支部小品展

2021年6/16〜6/21に延期となりました。
内容 当会は大阪市立美術館にて年1回展覧会を開催する美術団体です。
展覧会に出品するにあたり、日頃から熱意をもって制作にはげんでおります。
(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
6/17〜6/22
名称 西陣美術織 若冲動植綵絵展
5/6〜5/11より変更となりました。
内容 2017年、京都の伝統工芸織物が、西陣織と呼ばれるようになって550年の節目の年を迎えました。
これを記念して江戸中期に京都で活躍した絵師、伊藤若冲の絵画に挑戦しました。
(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
6/24〜6/29
名称 「アフガニスタン
               用水路が運ぶ恵みと平和」
〜中村哲医師のご功績をたどる
                               DVD上映会と写真展〜

中止となりました。
内容 戦乱と干ばつの続くアフガニスタンで水を求めて働く医師、中村哲。
1,600の井戸を掘り、アフガニスタンの人々と共に農業用水路を建設。洪水・渇水を繰り返す大河川と日々奮闘。
昨年12月アフガニスタンにおいて、武装勢力の襲撃により亡くなられた中村哲氏のご功績を写真とDVDにてご紹介いたします。
(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
6/24〜6/29
名称 写真展「ウオンバットたち」
内容 今回、ギャルリVEGAでは、タスマニア州親善大使であるプロ写真家の相原正明氏の撮影による、ふるさとタスマニアのウォンバットたちの写真と、五月山動物園内で撮影したウォンバットたちの様子をスライドにてご覧いただきます。
(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 

ギャルリVEGA 2020年7月のスケジュール
開催
期間
7/8〜7/13
名称 ザ・スペース小品展
内容 今年もザ・スペース小品展の季節が訪れました。
作家集団ザ・スペースは表現の可能性に向き合っている者の集まりです。それ以外のことは自由な集団です。ジャンルも平面(洋画、日本画、染色)、立体を問わず作家の自由です。こんな集団が、39年続き、来年は40周年を迎えます。
(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/15〜7/27 (7/21は休廊)
名称 白日会関西支部小品展
内容 白日会関西支部による絵画(油彩・水彩)、彫刻の作品を前期・後期に分かれて1作家小品1点出品の展覧会です。
【前期】7月15日−7月20日
【後期】7月22日−7月27日
(開館10:00−18:00/前期・後期とも最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/29〜8/10 (8/4は休廊)
名称 第9回 ギャルリVEGA
真夏のサムホール展
内容 毎年、多数の皆様にご参加頂いております「ギャルリVEGA・真夏のサムホール展」は、お陰様で今回で9回目を迎えました。
【前期】7月29日−8月3日 正価販売の部
【後期】8月5日−8月10日 非売・オークションの部
(開館10:00−18:00/前期・後期とも最終日は16:00まで)