市立ギャラリーいけだ
市立ギャラリーのスケジュール
ご利用について

ギャルリVEGA
ギャルリVEGAのスケジュール
ご利用について

イベント情報はこちらから

市立ギャラリーいけだ スケジュール
市立ギャラリーいけだ 2017年6月のスケジュール
開催
期間
6/7〜6/12
名称 村本實邦(sanekuni) 水彩画展 
内容  勤めていた会社を定年になった時、迷わず絵を描くことにしました。初めは、こつこつと一人で油彩画を描いていましたが、或る時から水彩画の同好会へ参加するようになり、仲間達と行く屋外でのスケッチが楽しくなり、今はもっぱら透明水彩を続けています。 
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)   
開催
期間
6/14〜6/19
名称 上田  房 回顧展 
(クパージュ・アン・フォルム)
内容  数年前から考えていました、クパージュ アン フォルム回顧展。奇しくも以前にお世話くださった市立ギャラリーいけだで開催の運びとなりました。回顧展初日は私の83回目の誕生日と重なりお目出度い日と成りました。 
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)   
開催
期間
6/21〜6/26
名称 櫻井  聡 絵画展 
内容  主に風景、渓谷を描くことが多く、今回の展示も渓谷の絵を多く展示します。絵で感動を引き出すには、そのきっかけとなる印象を描くことだと考えています。その為、仕上げの殆どは自分の記憶をたよりに描くことにしています。 
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)   
開催
期間
6/28〜7/3
名称 前田勘治・俊樹親子展 
内容 父親は息子に言いました。
上手に描くより魅力ある絵を描くのだ!
息子は父親に言いました。
もう少し上手に描いたら?  
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 

市立ギャラリーいけだ 2017年7月のスケジュール
開催
期間
7/5〜7/10
名称 吉野幸代 洋画展
内容  高校の美術部に始まり、洋裁学校時代、石膏デッサンやクロッキー教室と、寮の門限ぎりぎりに駆込んだ事など、懐かしく思い起こします。結婚して東京・仙台・大阪と転勤し、お陰で仙台の蔵王写生会、絵画教室などで哲学に通ずる物の見方、新鮮な目と心で物を見つめ追求する事など学びました。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/12〜7/17
名称 川口もと子 油絵展
内容  平成24年 ギャルリVEGAで二人展をしました。娘の日本画と私の洋画を並べ 多くの方々にご覧いただき多くのことを学ばせていただきました。
 5年振りとなる今回は市立ギャラリーで個展をすることにいたしました。日頃取り組んでいる人物、風景、静物や花をテーマにした作品を展示します。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/19〜7/24
名称 柴田克之・英夫 二人展
内容  小さい時から絵が好きで下手な絵を描いておりましたが、定年後、公民館で上田先生に油絵を習い本格的に描くようになりました。私も今年で百才を迎え、何か記念にと思い、幸い長男も絵を描いておりますので、今度二人展として作品を発表することに、決定しました。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/26〜7/31
名称 中川洋一個展(第2回)
内容  2013年春、退職を機会に白日会・児玉えり子先生のご指導をいただいて油絵を始め、2015年6月、2年経過の節目に第1回の個展を開きました。
 私の絵は、日常に感じることを記録する絵日記のようなものであり、生活の上でなんらかの意味を持ちます。
 このたびは、4年間絵を描き続けた節目に、心機一転とさらなる継続を期して第2回の個展を開くことにしました。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 

ギャルリVEGA スケジュール
ギャルリVEGA 2017年6月のスケジュール
開催
期間
6/7〜6/12
名称 ひじり会展  
内容  私たち「ひじり会」は総勢12名で、発足6年目の若い会ですが、全員和気あいあい、月二回の教室を石田先生ご指導の基、楽しく、かつ真剣に制作して参りました。 
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)   
開催
期間
6/14〜6/19
名称 グループ“らふ”
第33回 裸婦クロッキー展
  
内容  約30年余り前、池田市在住の画家、故・上坂浩通(こうさかひろゆき)氏の私的な呼びかけによる月1回の裸婦クロッキーの会と年1回のグループ展が始まりです。
 上坂氏逝去後は自主運営により、メンバーの入れ替りはあったものの、第33回の展覧会を開催できました。  
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
6/21〜6/26
名称 第41回
近代日本美術協会 大阪支部 小品展
  
内容  当団体は、毎年12月に大阪市立美術館にて公募展を開催する美術団体です。
 芸術作品は作家間のたがいの芸術論の交流によって、より磨かれる面もあります。
 美術団体にはそんな楽しみがあり、この小品展もそんな舞台の一つでありたいと思います。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)    
開催
期間
6/28〜7/3
名称 西陣美術織
若冲動植綵絵30図展
  
内容  西陣美術織工房では、昨年、生誕300年を迎え、全国でブームが巻き起こった伊藤若冲の代表作「動植綵絵と釈迦三尊像」33点を西陣美術織で復元いたしました。
 日本の伝統織物技術と若冲絵画の融合をどうぞお楽しみください。  
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 

ギャルリVEGA 2017年6月のスケジュール
開催
期間
7/5〜7/10
名称 【Aブロック】
濱園明洋  レザーアートドールの世界
内容  2004年から造形に着手し展示を繰り返す中でどうしても納得できなかったのが表面の仕上げでした。ペーパーで磨いたり、下地材でデコボコにしたりと試すものの私の伝えたいものを伝えきれないでいました。あるとき革に彫刻をしていて、ふと「革と粘土って融合できないのだろうか?粘土で服を作るより革の方がリアルだし簡単だし・・・」「顔は?手は?靴は?」
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/5〜7/10
名称 【Bブロック】
カルチャーVEGA教室展
第3回AOI写真教室池田
内容  野や山に可憐に咲く山野草の写真撮影を楽しむグループ展です。四季折々、一番輝く花々との出合いを求め山や野に出かけて、撮影しています。
 近年、気象の変化が激しく、花期が大幅にずれ、撮影地選定に苦慮しました。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/12〜7/19
名称 【Aブロック】
型絵染工房 真朱(まそほ)展
内容  京都の上桂で、型絵染を創作している二人の作家の作品展です。
 型絵染とは、型絵を用いて防染をし、絵を描くように染める手法です。
 工芸としてのみならず絵画的な美しさと叙情性を表現したいと思い創作しております。
開催
期間
7/12〜7/19
名称 【Bブロック】
Art Studio 夢工房半蔵展
併設 GLASS ART 金剛ガラス 
内容  Art  Studio 夢工房半蔵は、今年で創業22年となりました。
 今回は、パステル・水彩画を展示・即売いたします。
 併設 GLASS ART 金剛ガラスもよろしくお願い申し上げます。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/19〜7/24
名称 オユンナ油彩画展
内容  モンゴル出身で、池田市在住の画家オユンナ。
 ギャルリVEGAで、学生時代から個展をはじめ、今回4回目になります。キャンバス一面に彩りの心象風景が広がる幻想的な油彩画作品の数々を展示します。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/26〜7/31
名称 【Aブロック】
松下由典  木の家具・木の小物展
内容  シンプルで、木の個性を活かした、長く使い続けていただける木の家具・木の小物の製作を続けております。
 (開館10:00−19:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
7/26〜7/31
名称 【Bブロック】
カルチャーVEGA教室展
第14回深山会会員展
内容  池田の地で展示会を開催して、深山会書展も今回で14回を迎えました。
 今回のテーマは、仮名作品を主体に“日本の美・仮名美の世界”を中心に書いております。会員一人一人の力作を是非ご高覧いただきたいと思っております。又、陶芸とのコラボで、陶板に各自の好きな字を書いてみたりして、文字あそびを試みております。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)