2019 4/3 [ 水 ] 2019 4/8 [ 月 ]
ギャルリVEGA
 
没後25年 小沢神魚かな作品展
                   中 香翔

今年は、小沢神魚先生の亡後25年に当たり、遺作展を開催させて頂くことになりました。
明治・大正・昭和・平成を力強く生きられ、独自の書風を確立され、その書に対する厳しい姿勢は、弟子達の指針でした。
安東聖空先生に師事され、正筆会の副会長、理事長を歴任され、還暦を迎えられた頃から良寛を取り入れ、今良寛の異名を取られていました。
又、調和体にも取り組まれ「僕は調和体のはしりだよ。」と笑っておられました。
この度は少数ですが、先生の高遠な魂の叫びが感じられるような作品展になれば・・と思っております。その構成、余白、線、墨色の変化は、先生独自の幽玄の世界であり、まさに日本の心と美の表現といえましょう。

(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
  


(C)2006 Ikeda Citizen's Foundation for Promotion of Culture. All rights reserved.