2020 6/24 [ 水 ] 2020 6/29 [ 月 ]
ギャルリVEGA
 
中止となりました。
「アフガニスタン
         用水路が運ぶ恵みと平和」
〜中村哲医師のご功績をたどるDVD上映会と写真展〜

戦乱と干ばつの続くアフガニスタンで水を求めて働く医師、中村哲。
1,600の井戸を掘り、アフガニスタンの人々と共に農業用水路を建設。洪水・渇水を繰り返す大河川と日々奮闘。
昨年12月アフガニスタンにおいて、武装勢力の襲撃により亡くなられた中村哲氏のご功績を写真とDVDにてご紹介いたします。
                             主催・・北摂大阪ペシャワール会

◎DVD上映会 @11:00〜12:00    A14:00〜15:00
 ・「ペシャワール会の成り立ちと歴史の紹介」
 ・「アフガニスタン用水路が運ぶ恵みと平和」
         (2016年制作/朗読吉永小百合)
  
  -----------------------------------------

中村哲経歴
 ペシャワール会現地代表:PMS(ピース・ジャパン・メディカル・サービス)総院長。
 1946年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業。国内の病院勤務を経て、1984年パキスタンのペシャワールのミッション病院ハンセン病棟に赴任しパキスタン人やアフガン難民のハンセン病治療を始める。 その傍ら難民キャンプでアフガン難民の一般診療に携わる。1989年よりアフガニスタン国内へ活動を拡げ、山岳部医療過疎地でハンセン病や結核など貧困層に多い疾患の診療を開始。
 2000年から、旱魃が厳しくなったアフガニスタンで飲料水・灌漑用井戸事業を始め、 2003年から農村復興のため大がかりな水利事業に携わる。
 2019年、アフガニスタンジャララバードにて武装勢力の銃撃を受け亡くなる。
 
   -----------------------------------------

(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
 


(C)2006 Ikeda Citizen's Foundation for Promotion of Culture. All rights reserved.