2020 7/8 [ 水 ] 2020 7/13 [ 月 ]
市立ギャラリーいけだ
  
杉林正一 クレヨン画展
“幸せは小刻みに” 鷲田清一(哲学者、元京都芸大学長)
 幸福は小刻みにしておくほうがいい。今日の晩ご飯は美味しかったとか、あの人とおしゃべりできてよかったとか、いい本に出会ったとか、小さな歓びを一つひとつ大切にしつつ生きること…

この言葉に習い、感動は小刻みにしておくほうがいい。
古い街並みの間から突然現れる大きな教会の屋根、寒い日に食べて身体が温まったたいやき、凛とした強さや存在感を感じさせる白いぼたんの花…日々の生活での感動を身近な画材のクレヨンで描きました。どうぞ気軽にお越しください。

(開館10:00−19:00/最終日は16:00まで) 
 

 


(C)2006 Ikeda Citizen's Foundation for Promotion of Culture. All rights reserved.