2020 7/29 [ 水 ] 2020 8/3 [ 月 ]
市立ギャラリーいけだ
  
絹絵の世界展 久保義裕
長い巣籠もりに心も萎えそうになりましたが、そこは画家としての意地が一線を保ってくれました。
この時期なら、少しずつ緩やかに活動を再開できるかと思い、用心しながら展示会を開くことにしました。
自粛期間に思い知らされたのは、やはり私は絵描きであると言うことです。眼の前に画布さえあれば生きる術も気力も持ち堪えられる、そんな気がしました。
未曾有の事態はどこまで続くかわかりませんが、人には生きてゆく行動が求められています。だから私は絵を描き続けます。
ご高覧頂きますようお願い申し上げます、
                  久保義裕拝

(開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
 


(C)2006 Ikeda Citizen's Foundation for Promotion of Culture. All rights reserved.