本文へ移動
 今回32回目のIKEDA文化DAYは5日間の期間中を通して好天に恵まれ、ウォークラリー参加者は延べ約51,000名に及びました。各チェックポイントでも検温や消毒など、入念なコロナウイルス感染拡大防止対策を行い、参加者の皆さま、ボランティアスタッフの皆様のご協力のおかげで無事終了することができました。昨年に引き続き、あらゆるイベントが中止となり、文化・芸術、楽しい事に触れる機会から遠のいていた人々が、こういった屋外での催しを渇望されていたかの様に明るい表情で池田の町の風景を楽しみながら歩いている姿が印象的でした。
 来年も同時期に開催予定ですので、皆様の益々のご参加をお待ちしております。
 また、「いけだ観光スポット 写真コンクール ~IKEDA文化DAY 池田百景 写真コンクール」にも、池田市内外の方々からたくさんの作品をご応募いただきました。外出が制限される中でも、いつもと違った池田のまちの一面を気づかせてくれるみなさんの力作をどうぞご覧ください。

2021年度 第32回 IKEDA文化DAY『いけだ観光スポット写真コンクール』入賞作品

池田市長賞

「秀望台」
馬場 景子

いけだ市民文化振興財団会長賞

「水鏡」
近田 敏之

いけだ市民文化振興財団理事長賞

「お花が一杯!」
幸丸 正樹

池田市観光協会会長賞

「黄昏時」
多川晴夫

池田商工会議所会頭賞

「杉ヶ谷のせせらぎ」
本田健二

関西・大阪21世紀協会賞

「長い雨のあとには」
岡本健志

サンケイリビング新聞社賞

「つかの間の冬景色」
佐藤宣夫

耕文堂賞

「鴬の森遊泳場跡から望む
 五月山」
   林 将平

審査員特別賞

「水月の春」
塚原由雄

スマートフォン賞

「ガハハ! 我が城なりー!」
田井映子

【講評】

〇池田市長賞
「秀望台」  馬場景子 様
秀望台は花見見物にはもってこいの五月山の名所です。
素晴らしい夕暮れの眺望を背景に石の鳥居の真ん中に佇む女性、着物姿が和やかな雰囲気で夜景にとけこみ、暮れ行くタイミングと適正露出が効果的で素晴らしい作品になりました。

〇財団会長賞 
「水鏡」 近田敏之 様
写りこみは条件がピッタリ揃った時に作品になります。
この作品ではまず天候が青空であったこと。次に水面の幽かな揺れ、スイレンのきれいな並び、城址展望台の写りこみ等、これらが全部揃っていて絵画のような作品になりました。

〇財団理事長賞
「お花が一杯!」 幸丸正樹 様
アジサイの花を一杯浮かべた久安寺の池は有名です。
多くの観光客や家族連れが訪れるたび感動しています。子供達にも人気で楽しそうな声が聞こえてきます。二人の幼児が花に夢中になっているのを優しく見守る両親、ファミリーの和やかなひと時を見事にとらえました。

〇審査員特別賞
「水月の春」 塚原由雄 様
水月公園春真っ盛り、満開の桜を大きく前景に据え特徴のある中国風の建物を遠景に入れたことで遠近感が強調されています。
また池に写りこむ水月公園のシンボル、斎芳亭の姿が水面に映え、池の静けさが画面をひきしめています。
〇スマートフォン賞    
「ガハハ!我が城なりー!」 田井映子 様
七五三参りの帰りなのか、池田城跡公園を訪れ、城跡を背景に記念撮影したのでしょう。
タイトルどおり表情もよく、もう城主になった雰囲気です。   


ー 審査を終えて ー
 コロナ禍で、感染予防のため祭りや行事、イベント等すべて中止になりました。そんな中たくさんの力作を応募していただきました。
 現在の悪条件ゆえか、水月公園と池田城跡公園に作品が集中したようです。いずれも被写体の設定条件やフレーミングなど的確で揃っていましたが、もう一工夫してほしかったです。
 池田市長賞「秀望台」は他の人が撮っていないような被写体に目を向けられ、新しい世界が広がり個性的な写真になりました。
 いけだ市民文化振興財団会長賞「水鏡」は池の中で見つけた一瞬を切り撮った作品です。
 いけだ市民文化振興財団理事長賞「お花が一杯」のスナップは偶然を呼び込む要素が多いものです。家族の光景に気付き色や表情、動きなどを見つけた秀作です。
 審査員特別賞「水月の春」季節を感じ出会った、美しい水月公園の光景をうまくまとめた作品になりました。
 スマートフォン賞「ガハハ!我が城なりー!」は城跡を背景に記念撮影、イメージどおりうまく撮れたようです。 
 上位入賞の作品は、作者ならではの視点が感じられるもので、被写体の選び方や、シャツターを切るタイミング、構図の作り方で作者の狙いが明確に伝わってきます。

               公益社団法人 日本写真家協会 会友     山田  訓生
     
【主催・お問い合せ】いけだ市民文化振興財団
☎072-761-3131

概要(2021年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため下記内容と異なる場合がございます。)

秋空のもと、豊かな自然と歴史・文化に彩られた池田のまちを巡る文化探訪ウォークラリー。
ラリーはどのチェックポイントからでもスタートでき、参加すると逸翁美術館や小林一三記念館なども無料で鑑賞できるほか、市内文化団体の合同作品展(池田商工会議所、中央公民館)では陶芸や絵画などの作品を一挙に展示。また、池田百景写真コンクール (中央公民館)、プラネタリウム(五月山児童文化センター)など、こどもから大人まで楽しめる見どころがいっぱい。
期間中に全てのチェックポイントのスタンプを集めると全員に参加賞を、抽選で素敵な賞品が当たります。
【チェックポイント】
池田商工会議所、池田市中央公民館、逸翁美術館、小林一三記念館、歴史民俗資料館、緑のセンター、五月山児童文化センター、池田城跡公園、落語みゅーじあむ、カップヌードルミュージアム 大阪池田、ギャルリVEGA、市立ギャラリーいけだ

※IKEDA文化DAY期間中は、落語会やお茶会、手回し蓄音機鑑賞会、バレエ公演など市内各所で様々な文化イベントが開催されます。
また、池田駅前の公園ではステージイベントや飲食ブースの出店など多数。

これまでのようす

市民総合文化フェア
カップヌードルミュージアム大阪池田
小林一三記念館
池田城跡公園
TOPへ戻る