本文へ移動

 ご利用について(ギャラリー)

申し込み受付

  • 使用希望日の属する月の1年前の月の第1営業日より受付開始
  • 申込みの際、現在までに制作されたポートフォリオを添え、予定されている展覧会の具体的な内容をお知らせ下さい。内容によっては一部変更して頂いたり、お断りする場合がありますのでご了承下さい。財団理事会で利用承認後、指定の使用申込書と共に申込金として使用料金の50%を納入して下さい。納入確認後、使用許可書を送付致します。使用料残額は、使用当日までに納入して下さい。

展示作品の範囲

  • 絵画・彫刻・工芸・デザイン・写真・書道および、これらに類するもの

利用の期間

  • 水曜日から翌週の月曜日までの6日間を1単位とします。継続使用は、2単位までです。

開館時間

  • 原則として午前10時から午後7時まで。但し利用最終日(月曜日)は、午後4時まで。

休館日

  • 毎週火曜日、及びいけだ市民文化振興財団の休日

解約

  • ご解約された場合は、納入済みの申込金はお返し致しません。ただし、会期前6ヶ月以内のご解約の場合は使用料金全額を頂戴致します。

搬入・搬出

  • 作品の搬入:火曜日の午後1時より
    作品の搬出:月曜日の午後4時から午後6時
    ※作品の搬入出・展示については、すべて係員と十分な打合せをして下さい。
    ※使用後は、すみやかに原状に復し、係員の点検を受けて下さい。施設・備品等を損傷した場合は、係員に届け出て指示を受けて下さい。

会期中の管理

  • ギャラリーには係員は常駐致しませんので、会期中はギャラリーの開閉、作品の監視等全て使用される方において行って頂きます。ご本人、または他の管理責任者が必ず在館するようにして下さい。会場での盗難、汚損、破損、不慮の災害について、財団は責任を負いかねますのでご了承下さい。

使用制限

  • 使用する権利を他の第三者に譲渡または、転貸しないで下さい。
  • 施設・備品等を破損したり、汚損する恐れのあるものは使用しないで下さい。万一、破損、汚損が生じた場合は、復旧にかかる全ての費用一切を賠償して頂きます。
  • 公の秩序、または善良な風俗を乱すおそれのある展示は厳禁します。
  • 財団の承諾を得ずに、所定箇所以外での展示等、プランの変更はしないで下さい。
  • ギャラリー内は、禁酒・禁煙です。ギャラリーでのオープニングパーティーはお断り致します。
  • 作品等を販売する時は、事前に財団へご通知下さい。ご通知のない時は販売をお断りすることがあります。
  • 上記の使用制限を順守されない場合、その他、ギャラリーの管理上財団において適当でないと認めた場合、会期中であっても使用許可を取消す事がありますが、このことによって使用者に損害が生じても、財団はその責めを負いません。

作品の売却

  • 会期中の作品の売却については、使用者の責任において行ってください。売却された作品の受け渡しは基本的に使用者側で行っていただきます。
    受け渡しが日時的に不可能な場合は、あらかじめご相談ください。当財団で代行をすることもできます。

案内状について

  • 案内状は使用者側にて作成して下さい。作成の際、必ず当ギャラリー指定の名前、ロゴマーク、住所、電話番号、地図を入れて下さい。(案内状作成の代行も行います。)
  • 会期前のギャラリー等での配布分として100~200枚を約1ヶ月前までに財団事務所へお届けください。
  • 美術誌、情報誌、インターネット等のインフォメーションをギャラリー側で行っています。下記のものを3ヶ月前までに提出して下さい。

    ※展覧会タイトル
    ※制作及び作品に関するコメント(300字以内)
    ※展覧会作品資料写真2・3枚程度
    ※作者の活動略歴
TOPへ戻る