本文へ移動

いけだ春団治まつり

概要

春團治之碑
『春団治まつり』とは・・・
平成10年に、池田市(豊島南)の受楽寺境内に、初代・二代目の桂春團治を顕彰する「春團治之碑」が、三代目桂春團治の後援会によって建立されました。以降、同寺では毎年春團治一門や後援者の皆さんが集まって、初代・二代目の功績を讃え、末永く「春團治」が継承される願いを込め、「春団治まつり」を実施してきました。
毎年、いけだ市民文化会館での一門出演の落語会や、文化会館隣接の豊島野公園や石橋阪大前駅周辺の商店街での寄席やマーケットなど、各会場一門噺家さんと多彩なイベントを開催いたします。

これまでのようす

2012年 三代目春團治「子ほめ」
2012年 法要にて 三代目春團治
2013年 三代目春團治「野崎詣り」
2015年 花団治襲名 船乗り込み
2015年 花団治襲名披露公演「豊竹屋」
2015年 花団治襲名披露公演 口上
2018年 四代目春團治襲名披露公演「鰻の幇間(うなぎのたいこ)」
2018年 四代目春團治襲名披露公演 口上 
2017年 三代目春團治 直弟子総ぞろい
石橋阪大前駅サンロード特設舞台(一門大喜利)
石橋阪大前駅サンロード(出店など)
TOPへ戻る